スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H4O(エイチフォーオー)水素結合水

水素結合水H4Oとは


水(H2O)に水素(H2)を溶存させた水です。水素結合水H4Oの学術名称は「水素含有水」です。


H4Oができるまでの道のり


H4Oは「特別な水」を作るための技術研究からではなく、「水素燃料電池」の研究・開発から水素の性質や特性を研究し、水に水素を多量に含ませる技術を確立したことから始まりました。


地球上にある物質の中でも最も質量の軽く小さい、最も優れた抗酸化物質である水素。酸化したものを元の状態に戻すという水素の力は大自然からの贈り物。


近年、「活性酸素」による酸化=老化が各疾患の要因であると解明されつつあります。
自然界からのメッセージを科学が今紐解き、エネルギーのみに留まらず、利用方法の模索に歩み出しました。世界中の人々に健康と明るい未来を届けたい。私たちは、そんな願いを水素に込めています。

スポンサーサイト

タグ : h4o

軟水のミネラルウォーター

軟水のミネラルウォーター(水の硬度が100以下)は、まろやかで清涼感のある口当たりが特徴で、日本人が一番抵抗なく飲める硬度のミネラルウォーターです。それもそのはず、日本の水のほとんどは軟水ですので、日本人の味覚に一番あっているのが軟水のミネラルウォーターだといわれています。

軟水のミネラルウォーターは、まろやかで口当たりがよいので、ごはんを炊くという用途やだしをとるなど料理に使用する、あるいは紅茶にお茶に使用する水としてなどにも適しています。

軟水は硬度が低い分ミネラル分が少ないということになりますので、ミネラルを補給するという目的で飲むにはあまり向いているミネラルウォーターだとはいえないということになります。(軟水もミネラル分は含有されています。硬水や中硬水と比較すればという意味です。)

軟水のミネラルウォーターで代表的なものは、日本産では「六甲のおいしい水」や、日本のトップシェアを誇るサントリーの「天然水・南アルプス」などたくさんの種類があり、日本産ミネラルウォーターのほとんどはこの軟水に該当します。輸入されるミネラルウォーターでは、「ボルヴィック」や「クリスタルガイザー」などが代表的なものとなります。

中硬水のミネラルウォーター

軟水と硬水の中間に位置している中硬水(水の硬度が101以上〜300以下のもの)のミネラルウォーターは、特徴としても軟水と硬水の中間に位置するものです。

中硬水のミネラルウォーターは、料理やお茶を飲むに適している、まろやかな口当たりの軟水とさほど変らず同じような用途に使用できます。

また、ミネラル分が多い硬水のミネラルウォーターの重い舌触りもさほどなく、加熱せずそのままストレートに飲むのにも適しています。

中硬水のミネラルウォーターは、ミネラル分も適度に含んでいるわりには硬水のように特別飲みにくいというわけではなく、ミネラル分の補給が目的でも、おいしい水としても飲む目的にも適しています。どちらも適度にこなす中硬水のミネラルウォーターは、ある意味贅沢かもしれません。

とはいっても、ミネラルウォーターそれぞれに個性があり、飲み味などはミネラルウォーターに含まれるミネラルの比率で変わってきますので、硬度が中硬水に分類されるものでも、色々なミネラルウォーターを飲んでみるというのもよいでしょう。

中硬水のミネラルウォーターで代表的なものには、有名なフランス産のミネラルウォーターのエビアンや、鮮やかな色合いのブルーのペットボトルが特徴的なイタリアのゴッチアブルーなどがあります。

硬水のミネラルウォーター

ミネラルウォーターも硬水(水の硬度が301以上)となると、一般的にクセがあり重みがある飲み味になります。硬水は加熱する用途には不向きなため、加熱せずそのままストレートに飲んだ方がおいしくいただけるといわれています。

飲みごたえがある硬水のミネラルウォーターですが、ミネラルの比率でカルシウムが多く含まれ、マグネシウムが少なければ、苦みが少なくなります。硬水のミネラルウォーターを選ぶときは、これに注意して選び、だんだんと硬水に慣れてきたあとに、自分好みの味を探求するように、硬度が高いミネラルウォーターへ変えていけばよいと思います。

また、ミネラルウォーターに含まれるカルシウムとマグネシウムの理想的な比率といわれているのが、カルシウム:マグネシウム=2:1という比率です。この事もちょっと頭に入れてミネラルウォーターを選んでみてください。

硬水のミネラルウォーターは加熱するのは不向きであるため、お茶や紅茶を飲むために使用する、あるいは、料理に使用するには適していませんが、ミネラル分が豊富に含まれており、スポーツの後や入浴後の喉の渇きをいやす、ダイエットウォーターとしてや高齢者や出産後などミネラル補給が必要な状態に向いているといえます。

硬水で代表的なミネラルウォーターは、マグネシウムの含有力が豊富な「コントレックス」や「ヴィッテル」などです。

スパークリングウォーターとは

スパークリングウォーターは、天然の炭酸を含むミネラルウォーターを指し、発泡水などと表記される事もあります。日本では、やはりお金をだして飲む炭酸といえば、炭酸入りのミネラルウォーターよりジュースや清涼飲料水が思い浮かぶと思います。

ジュースではちょっと食事と一緒にいただけませんが、スパークリングウォーターは食事との相性がよいとされるミネラルウォーターです。ミネラルウォーターの歴史が古いフランスでは、スパや化粧水としてもスパークリングウォーターが使用されています。また、スパークリングウォーターはストレートに飲むだけではなく、お酒や色々な飲み物を割るのにも使用できおいしくいただく事ができます。

炭酸の口当たりでリフレッシュできるスパークリングウォーターですが、世界中で一番著名なスパークリングウォーターといえば、やはり「ペリエ」が有名ですね。

フランス産では他に、地元フランスでも高級レストランや一流ホテルでしかいただく事ができない、「シャテルドン」、イタリア産ではヴィトロガッティなどがあります。シャテルドンは、日本でも首都圏で40件あまりでしか取り扱いのない、微炭酸で硬度が1158もある、プレミアムなミネラルウォーターです。通販などでも入手が可能ですが、価格も多少プレミアムです。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。